田内測量設計株式会社

  • 持続可能な開発目標
  • 053-401-2082

よくある質問

よくある質問FAQ

土地の一部を売却する場合、どのような手続きが必要ですか?
土地を分割するには「土地分筆登記」が必要です。土地全体を調査・測量した上で売却したい部分の土地分筆登記申請を行います。分筆登記後、新しい登記登録(登記簿)が作られ、売買などの登記が可能になります。
測量や調査がいくらかかるか知りたいのですが?
料金ですが、測量の目的や具体的に何を実施するかにより、大きく変わってきます。また隣地と紛争中で筆界特定制度によっても紛争解決が進まない場合などにおいては、訴訟問題に発展しかねませんので、一概には費用をお出しできないのが実情です。まず、どういったことでお悩みなのか、ご相談ください。
境界がわからない。このような場合、誰に依頼すればいいですか?
境界がわからなくなると、深刻な境界紛争になる場合があります。弁護士に直接依頼する前に、境界の専門家である土地家屋調査士に境界を推定してもらい、隣人と解決するのがベターです。境界に関する問題は、まずは土地家屋調査士に相談しましょう。
古くなった建物を取り壊しました。どうしたらいいですか?
建物を取り壊した時は、「建物滅失登記」を行います。取り壊す建物が倉庫の場合、たとえば付属建物となっているのであれば「表示変更登記」を行います。ケースによって必要な申請が異なりますので、詳しくは当社までお問い合わせください。
田畑をやめて駐車場にしたいのですが?
土地の用途を変更すると、1か月以内に地目の変更をしなければなりません。この場合、地目「田」または「畑」から駐車場(登記用語で雑種地)に変更することが必要です。ただし、自分の土地だからといって田や畑の場合は何をしても良いわけではありません。事前に各市町村役場の農業委員会に駐車場にしたい旨の届け出をしましょう。
既存の建物と同じ敷地内に、車庫や物置などの建物を新しく建てた場合には、何が必要ですか?
既存の建物(主たる建物)と同じ敷地内に主たる建物に付属する用途で使用される建物を新しく建てた場合(所有者が同じ)、「建物表題変更登記」で申請することができます。この場合、主たる建物の登記簿謄本内に、付属する建物の表示がされます。
自分の土地の所在や面積について確認するにはどうしたらいいですか?
あなたが所有する不動産(土地・建物)に関する登記記録(登記簿)は、あなたの不動産を管轄する法務局に備えてあります。地図、地積測量図、建物図面などであなたが所有する不動産について確認することができます。
以前あった境界杭が見当たりません。新たに境界杭を設置するにはどうしたらいいですか?
境界杭はお隣さんとの境界を明確にする大切なものです。土砂に埋もれたり土砂で無くなったりすることもありますので、日頃から管理する必要があります。境界杭が見当たらず、探索のために付近を掘る際は、お隣さんに一声かけて確認しましょう。どうしても見つからない場合や工事などで無くなった場合には、隣地の方に立ち会っていただき、境界を確定した上で永続性のある境界標を設置しましょう。
隣接地の所有者から境界確認の立ち合いを求められました。何を確認すれば良いのでしょうか?
境界は隣接地との土地の境目、つまりご自分の所有する土地の境界の位置(境界点)を確認することになります。通常、境界確認の立ち合いは土地家屋調査士が行います。土地家屋調査士は法務局などにある資料等で事前調査を行い、客観的中立的な立場で土地の境界を算出します。相手側の主張する境界点が自分が認識している境界点と同じかどうかを確認しましょう。また、境界点に相違があり、どうしても納得できない場合には、はっきり伝えましょう。
この度、自宅を新築しました。どうしたらいいですか?
建物を新築した場合、「建物表題登記」を行います。原則として、建物を新築してから1か月以内に申請する必要があります。
土地の境界とは何ですか?
土地はお隣の方とつながっていますが、地番という単位で分かれています。法務局に保管されている地図(または公図)で確認することができます。その地番と地番の堺を「筆界」といいます。通常、お隣との境界とは筆界を示す場合が多いです。しかし、筆界と現況が異なる場合もありますので、その場合には当事務所にご相談ください。